みつばちツアー過去の一覧

【日帰り】2019年 恵方・初詣

【実施日】 平成31年1月5日(土)
【旅行代金】 5,800円
(昼食・干支の土鈴付)
【行き先】 滋賀県

【日帰り】2019年 恵方・初詣 ギャラリー

馬見岡綿向神社
猪は綿向大神の神使いといわれ、御社殿や神輿、石灯籠などの装飾としても使われている。 また12年に一度の亥年にのみ、当神社に伝わる猪の焼き印を押した絵馬が頒布され、作家司馬遼太郎氏の『街道をゆく』にも紹介されて有名である。 平成19年の亥年には、氏子篤志家の奉納により、御本殿の横に大猪の石像が作られて、神様を見守っている。
田村神社(開運厄除・初詣)
田村神社は近江国(滋賀県)と伊勢国(三重県)の国境にあり、古来には都より伊勢へと参宮する交通の要衝でした。当社の言い伝えによると、「鈴鹿峠に悪鬼が出没して旅人を悩ましており、嵯峨天皇は坂上田村麻呂公に勅命を出してこれを平定させた」とあります。 それゆえに、交通の障害を取り除いて土地を安定させた坂上田村麻呂公の御遺徳を仰ぎ、弘仁3(812)年の正月、嵯峨天皇は勅令を出して坂上田村麻呂公をこの土山の地に祀られることとなりました
お正月特製 寿鍋御膳
祝い酒 約3~4人に1本付。 水庵にて。 信楽陶芸村にて特産物買物もございます。
コメント

【行き先】 滋賀県

各地~高速経由~馬見岡綿向神社(猪ゆかりの神社にて初詣)~田村神社(開運厄除・初詣)~~一水庵(イス・テーブル席にて寿鍋御膳の昼食)~信楽陶芸村(特産物買物)~高速経由~各地18時00分頃着予定